投稿者「wahaha」のアーカイブ

wahaha について

高山株式会社 代表取締役  高山行政書士事務所 代表

お酒

私はたくさん飲みそうな体型をしているのですが、実は晩酌はしません。 酒がなくてもお茶さえあればOK 。 でも、飲むときはしっかり飲めます。 若いころは飲み方がわからず、結構無茶をしました。 意識が飛び、気が付いたら自宅の … 続きを読む

カテゴリー: 1 京都のこと | コメントする

お見送り

先日、子供と食事に行った帰り、表まで出てスタッフさんが私たちを見送りしていただきました。 丁寧にお辞儀していただき、私たちもご馳走さまと別れましたが、100mほど歩いて子供が振り返ると、まだ見送っていただいていることに気 … 続きを読む

カテゴリー: 1 京都のこと | コメントする

良寛さま

以前、日経新聞の「春秋」に良寛の句がのっていました。 日経はこの句を引用してえん罪がおこる背景に検察が裏をみせないことを指摘しています。 でもそれってこじつけで、実は恋の歌なんじゃないかな。 裏を見せ 表を見せて 散る紅 … 続きを読む

カテゴリー: 5 エトセトラ | コメントする

「うそ眠」  その後。

これは2012年11月に書いたブログです。 —————— 眠ったふりをすること、みなさんは何て言いますか? うちのあたりでは「うそ眠」 (うそね)っ … 続きを読む

カテゴリー: 5 エトセトラ | コメントする

「3010運動」

とうとうお気に入りのスマホの調子が悪くなり、機種変更をしました。復旧に手間取り、昨日からブログの投稿ができませんでした。 すみません。 さて私は10年ほど前、中国である家庭に一泊させていただいたことがあります。 真新しい … 続きを読む

カテゴリー: 4 グルメ | コメントする

横文字

先日、母の携帯を解約してきました。 寝たきりで人工呼吸の母にはもう2度と使えない。 それでも解約するのは誰かと繋がっている糸をきるようで忍びなく、6年間は解約せずに置いておいたのですが、何年も着信がない電話なので思いきっ … 続きを読む

カテゴリー: 5 エトセトラ | コメントする

小関越えのお地蔵さん

これやこの 行くも帰るも別れては 知るも知らぬも 逢坂の関 京都から近江へ抜ける街道は蝉丸の歌でも知られる逢坂の関が有名です。 これを「大関」と呼ぶのに対し、藤尾から大津京に抜ける間道を「小関」と呼びました。 小関峠の頂 … 続きを読む

カテゴリー: 2 滋賀のこと | コメントする

デジャヴ

デジャヴ (既視感 きしかん、仏:Deja vu:「既に見た」の意)とは、実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じることである。(Wikipedia) 実は、私は一度だけこのデジャヴを経 … 続きを読む

カテゴリー: 5 エトセトラ | コメントする

船上懇親会

昨日は(公社)滋賀県宅地建物取引業協会と、わが(公社)京都府宅地建物取引業協会の定例懇談会が開催されました。 この会は毎年1度、それぞれの執行部 総勢15人が集まり、共通する課題について協議します。 昨日も中古住宅の流通 … 続きを読む

カテゴリー: 2 滋賀のこと, 3 宅建業 | コメントする

夢力

渡辺淳一さんのベストセラーに「鈍感力」ってのがあります。 小泉首相が内閣支持率に一喜一憂するな、鈍感力が大切などと発言したことでも有名になりました。 一時、「○○力」という造語が流行っていましたね。 そんな中に「夢力」っ … 続きを読む

カテゴリー: 5 エトセトラ | コメントする