黄金に輝く

DSC_0047

この飽食の時代に「食糧難」と言ってもピンと来ませんね。
でも戦時中は食べるものがなく、うちの両親も毎日寝ていたそうです、
田舎で物々交換してもらったお米を持ち帰ると、京都駅で見つかり没収されたこともあるとか。
そんな時代に生きたから、親は農業の必要性を痛感して農地を買ったのが私が二十歳のとき。
父は障害者なので農作業ができず、私が大学に行きながら見様見真似で始めた米作でした。
今年も黄金色の稲穂が頭を垂れています。
もうすぐ私にとって37回目の稲刈りが始まります。
自然に感謝し、祖先に感謝して新米は仏壇に飾りお下がりをいただくのも今年で57回目。
ありがとうございます。

wahaha について

高山株式会社 代表取締役  高山行政書士事務所 代表
カテゴリー: 1 京都のこと パーマリンク

コメントを残す